お金を持つ人

多様性を見せる不動産投資│シェアハウスの将来性とは

管理業務は手間がかかる

模型を持つ人

マンション管理会社では、運用にかかる業務を代行してもらうことができます。契約の種類として全部委託方式と一部委託方式がありますので、自分に適したプランを選択すると良いでしょう。

もっと読む

手堅く利潤を確保する

男女

不動産投資を行なう際は、リスクについて考慮する必要性があります。それぞれのリスク傾向を見極めて、適切な商品を選択するのです。ここでは投資リクスが極めて低い、みんなで大家さんのメリットについて紹介します。

もっと読む

高い利回りが期待できる

家と紙幣

不動産投資の在り方として、インカムゲインによる運用方法は多様性を見せるようになりました。近年では、Airbnbといった民泊スタイルの不動産投資も盛んになっており、2020年に開催される東京オリンピックに向けて、多くの投資家がインカムゲインによる不動産投資に名乗りを上げています。また、高い利回りが期待できることからシェアハウスの人気も高まっているのです。
シェアハウスのメリットとして、一戸の住宅を数人に貸し出すため、通常よりも高い家賃設定ができる点が挙げられます。空室リスクも解消されるため、物件を効率的に回転させることが期待されるでしょう。投資住宅としてシェアハウスを運用する場合は、シェアハウスに適したリフォームを施しておく必要があります。入居者同士のプライバシーを考慮した住宅設計にするため、鍵の完備や防音対策といった施工が重要となるのです。そのため、通常の賃貸物件に比べて初期費用は多少割高になるかもしれません。しかし、今後さらにニーズが高まることが期待されるシェアハウスは、不動産投資を検討している人にとって投資価値が高い、住宅形態といっても過言ではないでしょう。
エリアの周辺環境に応じて入居者の性別・年齢制限を設けることで、同居人同士のトラブルを未然に防ぐことができます。仲介による管理会社を利用することで、共有設備等の管理を代行してもらえるので管理の手間も省けると期待されています。今後、独り身の高齢者が増加することを考えると、シェアハウスの在り方も多様性を見せていくでしょう。

双方にメリットがある

メンズ

家賃保証を利用するのは、オーナーだけではなく入居者にとってもメリットがあります。不動産運用をスムーズに行なうためにも、家賃保証会社の利用が勧められるのです。家賃保証会社を利用するメリットを見てみましょう。

もっと読む